群馬県済生会前橋病院

HOME > 病院紹介 > 院長挨拶

院長挨拶

院長 恩賜財団済生会は明治天皇の「済生勅語」に始まる「施薬救療」を使命とする日本最大の社会福祉法人で、99の病院・診療所と292の福祉施設等で構成されています。群馬県支部に属する群馬県済生会前橋病院は昭和18年に診療所として開設、昭和33年に入院病床を有する病院に昇格し、昭和49年に現在の上新田町に移転しました。「済生」の精神と「愛と希望」の理念に則り、地元から求められる医療、福祉を提供し、利根川西部地域の拠点病院として活動しております。

 

 拠点病院の役割はさまざまです。地域の救急医療ニーズに対応するため、救急告示病院として24時間対応の救急医療体制を整えるとともに、前橋市の二次救急担当病院としての役割も果たしています。群馬県地域災害拠点病院としては、地域の災害対応・防災活動はもちろん、指定病院として大規模災害時の災害時派遣医療チーム(DMAT)活動なども行っています。地域医療支援病院としては、かかりつけ医との機能的な連携を目指して病診連携・病病連携などのネットワークがより充実したものになるよう活動を続けています。

 

 前橋病院はこれまでも、カテーテル治療や骨髄移植など他院に先駆けて先進的な医療を提供してきた歴史があります。現在でも群馬県がん治療連携推進病院として白血病や消化器癌などを中心に先進的治療を提供するとともに、県央部唯一の緩和ケア病棟なども活躍しております。これまでも定評のあった手の外科・透析・心臓カテーテル・糖尿病治療などもブラッシュアップを続けており、平均点では満足しない専門病院として日々進化し続けております。

 

 確実に訪れる超高齢化社会に対応する基盤システムとして、「住まい」「医療」「介護」「予防」「生活支援」が切れ目なく一体的に提供される体制、すなわち「地域包括ケアシステム」の構築が急がれています。医療・介護・予防医学の分野はもちろん、社会福祉法人ならではのきめ細やかな社会支援など、当院に求められる役割はさまざまです。しかしながら中心に位置するのはあくまで患者さんです。この原点を見失うことなく、今後も質の高い医療を提供できるよう努力してまいります。

ページの先頭へ移動する
群馬県済生会前橋病院