群馬県済生会前橋病院

HOME > 看護部のご案内 > 副看護部長

医師臨床研修 看護部のご案内 地域の先生方へ

お問い合わせ窓口(8:30~17:00)

027-252-6011

027-253-0390

群馬県済生会前橋病院
群馬県前橋市上新田町 564-1

副看護部長

   

 

 副看護部長は看護部長を補佐し、師長やスタッフが笑顔で働ける環境を整えることが大切な役割だと考えています。病院に勤める職員の半数以上が看護職員です。社会人1年目の新人看護師から定年後の再雇用で働く看護補助者など年代の幅が広く、育児や介護をされる方など生活環境も様々です。そのような中でも、相手を思いやり安心の看護を提供するため、PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)や育児短時間勤務制度、院内保育所などを整備することで働きやすい環境を作り、クリニカルラダーの運用によりキャリア意識を高められるよう教育支援を進めています。

 新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、様々な自粛要請が出されています。看護学生の方も実習が滞るなど多くの不安を抱えていらっしゃると思います。このような時にこそ、医療者として気持ちを一つに共に前進していきましょう。

副看護部長

山賀 理恵

   
   

 医療安全対策室では、患者さんにとって安全性が確保された質の高い医療を提供するため、医師、看護師をはじめすべての医療スタッフと協働し、チーム医療が円滑に行われるよう組織横断的に院内の医療安全を推進しています。

 

 各部署から報告されるインシデント・アクシデントレポートを集計・分析・対策立案し、各部署のリスクマネジャーとともに再発防止に向けて取り組んでいます。また、安全に関わる職員の教育・研修の企画、運営や患者さんと職員の安全が守れるよう、定期的にラウンドを行っています。患者さんが安全で納得できる医療の提供と、医療者が安心して安全な医療・看護を提供できるような職場環境作りを目指しています。

医療安全管理者
副看護部長

入沢 光美

   

 

   
ページの先頭へ移動する
群馬県済生会前橋病院