群馬県済生会前橋病院

HOME > その他 > がん登録について

医師臨床研修 看護部のご案内 地域の先生方へ

お問い合わせ窓口(8:30~17:00)

027-252-6011

027-253-0390

群馬県済生会前橋病院
群馬県前橋市上新田町 564-1

がん登録について

当院はがん登録事業に協力しています

 

  現在、わが国では2人に1人は『がん』になり、3人に1人は『がん』で亡くなります。そこで国は国家戦略として、がん対策にとりかかりました。がん対策を実施するためには、正確ながんの実態把握が必須で、その中心的な役割を果たすのが、がん登録です。
 がん登録はがんの種類毎の患者の数、治療内容、生存期間などのデータを収集、分析し、がん対策の基礎となるデータを得る仕組みです。
 今、日本には「地域がん登録」、「院内がん登録」、「臓器別がん登録」の3つのがん登録があります。
 当院では「がん診療連携拠点病院 院内がん登録標準様式」に沿って院内がん登録、地域がん登録および臓器別がん登録をおこなっています。
 それに伴い治療の経過についてお問い合わせさせていただくことがありますがご了承ください。

 

地域がん登録
について
 都道府県単位で、がん患者さんの医療情報を収集し登録する制度が地域がん登録です。
 対象となる地域の居住者に発生した全てのがんを把握することでがんの罹患率と地域レベルの生存率を計測する仕組みです。群馬県では平成6年に開設されました。
 平成22年12月に成立した「群馬県がん対策推進条例」の第11条には、地域がん登録の精度向上のために、県は地域がん登録の予後調査を実施し、その情報を届出医療機関に還元することが明記されました。また、地域がん登録から得られた知見を公表する方針も記されています。
 がん登録の精度向上に加えて、がん登録に蓄積された情報を県や市町村のがん対策や、疫学研究に利用するなどの有効な活用方法についても検討しています。
院内がん登録
について
 当該施設でがんの診断や治療を受けた全患者の腫瘍を対象に、がんの診断、治療、予後に関する情報を集約し、整理・保管、集計・解析、報告・公表する仕組みです。
 当院では平成23年3月より「群馬県がん診療連携推進病院」に指定されました。指定要件のなかに標準登録様式に基づく院内がん登録の実施があります。
 また、精度の高い院内がん登録を実施するために国立がん研究センターがん対策情報センター主催の院内がん登録実務中級研修会・中級修了者が専従で業務を行っております。
臓器別がん登録
について
 学会や研究会が中心となって所属する医師のいる病院から学会や研究会の中央事務局にデータを集め全国規模の登録をおこなう仕組みです。
個人情報の保護
について
 「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン」及び「群馬県済生会前橋病院個人情報保護に関する運用規定」に基づき登録業務を行っております。
 登録データの院内での利用や地域がん登録、臓器別がん登録に提供するにあたり,個人情報の取扱いには最大限の注意を払っておりますので皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

群馬県済生会前橋病院  院長

ページの先頭へ移動する
群馬県済生会前橋病院