群馬県済生会前橋病院

HOME > 当院の特色 > 当院の取り組み > BLS・ICLS委員会

BLS・ICLS委員会

BLS・ICLSとは、何の略ですか?
BLSとはBasic Life Supportの略で、日本語では「一次救命処置」と言います。
ICLSとはImmediate Cardiac Life Supportの略で、日本語では「突然の心停止に対して直ちに行う救命処置」と言う意味になります。
BLSとは、主にどんな事を行いますか?
まず緊急通報をしてから心肺蘇生(人工呼吸・心臓マッサージ)と、AED(自動体外式除細動器)の使用があります。
AEDとは、どんな物ですか?
心停止の状態で装着すると自動で重篤な不整脈かを判別して、必要なら除細動(電気ショック)が施行できます。
ICLSとは、主にどんな事を行いますか?
BLSに加え、心電図モニタ波形から除細動の適応を判断し、状況に応じては適切な薬剤の投与も行います。
病院内では、どんな活動を行っていますか?
急変患者様に対し迅速で適切な対応ができる事を大きな目標として、 全職員対象の一次救命処置講習会を定期的に開催しています。
さらに一次救命処置講習を終了した者に対して、ICLS講習会を開催します。
病院外に向けては、どんな活動を行っていますか?
ふれあいデーの際、ご来場の皆様にAEDの使い方を中心とした、BLS講習会を開催しています。
また、心臓病患者家族様を対象とした、心肺蘇生(BLS・AED)講習会も行なっています。
AEDを開けたところで、上にあるのがパッドです
AEDを開けたところで、上にあるのがパッドです
上がAEDの外観で、下が人工呼吸用器具です
上がAEDの外観で、下が人工呼吸用器具です
BLS講習会にて、心臓マッサージの練習中です
BLS講習会にて、心臓マッサージの練習中です
気道の確保と、器具を使った人工呼吸の練習です
気道の確保と、器具を使った人工呼吸の練習です
ページの先頭へ移動する
群馬県済生会前橋病院