群馬県済生会前橋病院

HOME > 当院の特色 > 当院の取り組み > 臨床研究支援室

治験 待ち望まれている薬の誕生
~患者さんと未来のために~

 

 

済生会には、生活困窮者に対する援助と、質の高い総合的な医療・福祉サービスの提供という明確な二つの使命があります。この使命を支えるには医療水準を向上させる「治験」の推進も重要と考え、当院では20年以上も前から、質の高い治験を迅速・安全に行える体制を築いてきました。

photo
患者さんの応対をする治験コーディネーター

治験とは、製薬会社が新薬として承認を得るために行う臨床試験の1つで、これまで使用されたことのない薬の安全性や有効性を調べます。治験から得られた結果をもとに厚生労働省の承認が得られると、新しい薬を必要とする多くの患者さんに使用できるようになります。
当院では、治験の経験が豊富な担当医師、専門性の高い看護師・薬剤師等のメディカルスタッフ、患者さんのサポートや調整をする治験コーディネーター等、多くのスタッフが揃っており、設備も整っています。また、外部委員も含み公正な判断の出来る治験審査委員会が定期的に開催され、患者さんの人権と安全を確保し質の高い医療が提供できる施設として全国的に認知されています。そのため、群馬県という地方でありながらも、今までも数多くの治験が実施されてきました。
そして、もうひとつ大切なことが、治験にhttp://www.maebashi.saiseikai.or.jp/cms/wp-content/uploads/2019/07/治験審査委員会 委員名簿兼指名書 2019年7月1日.pdf参加いただく患者さんの協力です。
当院で実施した治験から、一刻も早く使えるようになることが待ち望まれていた薬が、数多く誕生しています。治験は患者さんと未来に活かされる医療です。
私達と一緒に明日へと繋がる医療にご協力ください。

 

 

 臨床研究と治験


 

 臨床研究 

   ・

「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」など各指針に従って実施する試験です。
   ・ 病院などで既に使用されているお薬や医療機器などの治療方法と診断方法を検討・確立します。
 治験

   ・   

「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」及び「医療機器の臨床試験の実施の基準に関する省令」という法令に従って実施する試験です。
   ・    患者さんに協力して頂き、新しいお薬や新しい医療機器の有効性(効果)や安全性(副作用)についてデータを収集します。そのデータをまとめ、国へ承認申請します。

 

 

 

 

患者さんへ


 

臨床研究と治験

 

★臨床研究に関するお知らせ
 下記研究は、国で定めた指針に基づき、対象の方へ直接ご同意を頂かずに掲示などにてお知らせすることで、ご同意頂いたものとして実施されます。
 研究で得た情報等は、学会や医学雑誌などに発表されることもありますが、いずれの場合も名前などの個人情報は厳重に守られます。
 皆様におかれましてはご理解頂き、ご協力頂きたくお願い申し上げます。
 研究の参加を希望されない方や研究に関するご質問等は各研究の問い合わせ先へご連絡下さい。
 なお、研究の参加をお断りになっても不利益を受けることはありません。

 

OP番号

課題名

実施診療科

2019-018

慢性肝疾患における肝線維化と肝脂肪化の非侵襲的検査および病理学的検査の後方視的検討 消化器内科

2019-017

肝癌に対するマイクロ波焼灼療法(Emprintアブレーションシステム)とラジオ波焼灼療法の治療成績に寄与する因子の解析(多施設共同研究) 消化器内科

2019-016

慢性肝疾患を伴う高脂血症に対するペマフィブラートの有効性と安全性の後方視的検討 消化器内科

2019-015

十二指腸癌外科的切除症例の臨床病理学的因子と予後に関する研究 外科

2019-012

せん妄患者における抑肝散の効果 薬剤科

2019-009

前向き観察研究に登録された骨髄異形成症候群における、同種移植までの橋渡し治療と移植成績の検討 血液内科

201904-005

切除不能膵癌に対するFOLFIRINOX療法またはゲムシタビン+ナブパクリタキセル併用療法により切除可能と判断された膵癌患者の登録解析研究 外科

201904-004

当院における腹腔鏡下鼠径部ヘルニア修復術(TAPP法)の治療成績 外科・
腹腔鏡外科センター

2018-12-018
第2版

肝悪性腫瘍に対するマイクロ波凝固療法の有効性と安全性についての後ろ向きの検討:ラジオ波焼灼術との比較 消化器内科

2018-11-017
第2版

肝細胞癌に対するレンバチニブ治療の導入タイミングおよび有効性と有害事象に対する後ろ向き検討:ソラフェニブ治療との比較 消化器内科
201902-002 周術期アナフィラキシーの疫学的調査と全国診断支援システム構築 麻酔科
201901-001 肝癌・非代償性肝硬変患者データベース構築 消化器内科
2018-12-018 肝悪性腫瘍に対するマイクロ波凝固療法の有効性と安全性についての後ろ向きの検討:ラジオ波焼灼術との比較 消化器内科
2018-11-017 肝細胞癌に対するレンバチニブ治療の導入タイミングおよび有効性と有害事象に対する後ろ向き検討:ソラフェニブ治療との比較 消化器内科
2018-11-016 C型肝炎患者における直接作用型抗ウイルス薬(DAAs)治療後の発癌抑制に関する研究 消化器内科
2018-11-015 肝細胞癌患者へのレンバチニブ治療例における甲状腺関連副作用(有害事象)の検討:後ろ向き研究 消化器内科
2018-10-014 肝内結石症 第8期全国横断調査 外科
2018-04-009 群馬県における膵神経内分泌腫瘍の現況に関する多施設共同研究 外科
2018-04-008 肝細胞がん腹膜播種に対する後方視的観察研究 外科
2018-03-006 非B非C型肝細胞癌の臨床的特徴および予後の検討 消化器内科

2018-01-003 

【更新:2018/04/04】
非弁膜症性心房細動患者における抗凝固薬の製造販売後比較評価研究(cohort3)

循環器内科

2017-07-012 

JALSG参加施設において新規に発症した全AML、全MDS、全CMML症例に対して施行された治療方法と患者側因子が5年生存率に及ぼす影響を検討する観察研究 (前向き臨床観察研究)

血液内科

 

 

 

 治験


 

★治験審査委員会開催日

  毎月第3火曜日(8月と12月は休会)が定期開催となります

 

 
治験の実施に係る標準業務手順書 ≪第11版≫

 

(2.70MB)

 
治験審査委員会標準業務手順書 ≪第11版≫

 


(1.23MB)

 
治験審査委員会 委員名簿兼指名書 (2019年7月1日)

 


(1.36MB)

 
治験事務局責任者・治験薬管理者・記録保存責任者指名書

(2018年10月1日)

 


(34.9KB)

 

 

★会議の記録の概要

2019年度

4 / 16

5 /21

6 / 18

7 /16 

9 / 

10 / 

11 / 

1 / 

2 / 

3 /

           

 

2018年度

4 / 17

5 / 15

6 / 19

7 / 17

9 / 18

10 / 16

11 / 20

1 / 15

2 / 19

3 /19

 

2017年度

4 / 18

5 / 16

6 / 20

7 / 18

9 / 19

10 / 17

11 / 21

1 / 16

2 / 20

3 / 20

 

2016年度

4 / 19

5 / 17

6 / 21

7 / 19

9 / 20

10 / 18

11 / 15

1 / 24

2 / 21

3 / 21

 

 

 

 

臨床研究


 

★臨床研究審査委員会開催日(治験審査委員会終了後開始)

  毎月第3火曜日(8月と12月は休会)が定期開催となります

 

★医療機器及び製薬会社、CRO、 SMOの方へ

   医師へ新規臨床研究を紹介される前に、臨床研究支援室にてヒアリング等をさせて頂く可能性が
   ありますので下記までご連絡下さい。

 

 

臨床研究支援室(治験)

027-252-6011(代表)

月曜日~金曜日(年末年始・祝日除く) 9:00~16:00

 

 

★承認一覧

  2016年度

 

ページの先頭へ移動する
群馬県済生会前橋病院