群馬県済生会前橋病院

HOME > 看護部のご案内 > 専門・認定看護師

専門・認定看護師

 
安心したがん医療を受けられるように患者さんやご家族をサポートします

がん看護専門看護師
関根 奈光子

 がんという病気を患うと、治療や療養のなかでさまざまなつらさが生じてきます。患者さんやご家族が困っている身体のつらさを和らげ、身体のことだけでなく、こころのつらさや生活上のつらさも和らげることができるよう、患者さん・ご家族・病院内の医療者とともに考え取り組んでいきたいと思います。現在、病棟や外来、かんわケアチームなどで活動しています。お気軽にご相談ください。こちらからも声をかけたいと思いますし、みなさんもぜひ声をかけていただいて、一緒に考えていきたいと思います。

「自分らしく生きる」を応援していきたい

糖尿病看護認定看護師
高草木 由里

 糖尿病治療は生活そのものであり、自己管理が主体となります。その為、糖尿病と診断されると「楽しみを奪われた」との思いを抱く方も少なくありません。そのマイナスイメージより療養生活を放棄したり、中断される方も残念ながら多いようです。しかし、日常生活にちょっとした工夫をすることで糖尿病と無理せず付き合えることもできます。糖尿病の為に生きるのではなく、生活の中に上手に療養行動を取り入れながら「自分らしく生きる」方法を皆さんと一緒に考えていければと思っています。

病院に関わるすべての人を「感染」から守ることが私たちの仕事です

感染管理認定看護師
桜井 佐智子


感染管理認定看護師
細渕 節子

 感染のリスクを最小限にし、患者さんはもちろん、病院スタッフを感染から守ることを目的に病院内の全部署に対して、組織横断的に活動しています。
感染管理認定看護師である私の具体的な活動としては、院内感染サーベイランス(院内感染のデーター収集と対策)、感染管理教育、コンサルテーション(相談業務)、適切な感染対策の実施の確認、感染事例の調査などを行っています。
済生会病院にきていただいた患者さんに、感染という不利益を与えず、提供する医療に満足していただけるよう努めてまいりたいと思っております。また地域の方々の感染に関する質問等にもお答えできればと思います。
感染管理についてご意見・質問等ございましたら、医療安全対策室へ、またはメールにてお聞かせ下さい。

つらいことは独りで抱えこまないで…

緩和ケア認定看護師
神宮 彩子

 がんを患ったことでショックを受けたり、大切な人とどう向き合ったらよいのか不安になったり、お仕事の事、ご家庭の事…様々なつらさが生じてくるかもしれません。もちろん全てを解消する事が一番良いのですが…それが難しいときもあるでしょう。そんなときは独りで抱え込まずにちょっと声をかけていただければ、ご連絡いただければ幸いです。一緒に考えてみて…何かお手伝いできることがあればなぁ…とお待ち申し上げております。

誰にでも継続可能なケア方法を提案いたします

別名WOCNとも言われるように皮膚や排泄に対するご相談をお受けします。

Wound(創傷)

褥瘡(床ずれ)、外傷、熱傷(ヤケド)、抗がん剤の副作用による皮膚障害、皮膚が薄く弱い方へのケアなど

Ostomy(ストーマ)

人工肛門・膀胱、PEG(胃瘻)、瘻孔のケアなど

Continence(失禁)

尿失禁や便失禁に対するスキンケア、オムツの選択、自己導尿指導など

 このような患者さんの全身状態や皮膚の状態、社会背景も検討した上で、予防的・治療的ケアをご提案致しますのでお気軽にご相談ください。

 

 
皮膚・排泄ケア認定看護師
久住 美稚子
皮膚・排泄ケア認定看護師
佐藤 智子
皮膚・排泄ケア認定看護師
清水 國代
患者さんに質の高い看護ケアの提供を

集中ケア認定看護師
市川 啓二

 おもに急性期や重症患者さんの全身管理をはじめ、合併症の予測・予防を踏まえた看護ケアを実施していきます。患者さんだけに限らず、そのご家族も看護の対象となるため家族ケアも行っていきます。
 患者さんの近くにいる私たち看護師が変化に気付き、早期に対応することで患者さんの重症化を未然に防ぐこともあります。患者さんの変化や日常の看護ケアでお困りのことがあれば、是非一緒に考えていきたいと思っています。
 認定看護師の役割である「実践」、「指導」、「相談」の中でも、「実践」にこだわり患者さんのベッドサイドで活動していけるよう心掛けていきますのでよろしくお願い致します。

確実・安全・安楽ながん化学療法を目指して

がん化学療法看護認定看護師

岡田 美香


がん化学療法看護認定看護師

高山 仁美

 がん化学療法看護は、抗がん剤の安全な取り扱いと適切な投与管理、副作用のマネジメントを含む化学療法を受ける患者・家族の支援が大切なケアとなります。そこでがん化学療法看護認定看護師として、患者さんとご家族にとって確実・安全・安楽に化学療法が継続できるように、患者さん個人の理解度や生活背景、社会背景を理解した上で、その人に合ったセルフケア指導を心がけています。今後も看護師だけでなく他職種と共同し、がん化学療法看護の質の向上に努めていきたいと考えております。

 抗がん剤治療で何かお困りのことがありましたら、どうぞお声かけください。

ページの先頭へ移動する
群馬県済生会前橋病院