群馬県済生会前橋病院

HOME > 当院の特色 > 診療部門 > リハビリテーション科

リハビリテーション科

はじめに

 リハビリテーション科では、理学療法・作業療法・言語聴覚療法の3分野を、超高齢化社会を迎えた現代の社会ニーズに合わせ、それぞれの専門療法士である、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)がリハビリを行っています。リハビリの語源は re(再び)+habilitus(元の生活習慣へ戻す)です。
 現在、医療スタッフは、リハ専門医1名、PT10名、OT3名、ST2名で入院、通院に対応していますが、リハビリ専用の入院ベッドは有しておりません。

診療内容
  • 1.総合的にリハ医学分野全般を実践していますが、機能的回復の期待される急性期患者さんが主な対象となります。「介護保険」も意識し、対社会的な事に配慮し、身体的・精神的にハンディを負った方の社会および家庭での日常生活活動復帰の手助けをしています。
  • 2.整形外科に関しては週1回、リハ回診にPT、OTが同行し、その他の診療科については、1週間に一度カンファレンスを退院支援看護師・MSWを含め行い、それに従って加療に当たっています。
  • 3.平成27年度より、疾患別リハビリテーションの他に、入院患者さんに対する、がん患者リハビリテーション料の算定も行っています。
特徴

リハビリテーションにおける3つの療法種別は、それぞれの診療特徴を持っています。

理学療法(PT)

 理学療法とは、主に運動器疾患(骨折・外傷などによる上肢、下肢、体幹の障害)、脳血管疾患(脳梗塞・脳出血・脊髄損傷・廃用症候群など)、呼吸器疾患により運動機能等に障害を持たれた患者さんを対象とし、関節可動域練習や筋力強化練習、歩行練習などの基本的動作能力の回復を目指すもので、理学療法士が治療を行ないます。

  • ①当院の整形外科は特に『手外科』を専門としており、県内外から多くの患者さんが治療に来られています。その分野に関してのリハビリは県内唯一であり、治療そのものの一環として術前術後に拘らず関与しています。
  • ②腹部手術患者さんの術前・術後及び全科の呼吸器疾患を有する患者さんへの『呼吸器リハ』のアプローチを行なっています。
  • ③血液内科を中心とする骨髄移植後・化学療法後及び腹部外科手術後などの患者さんへ取り組みを行なっています。

 

作業療法(OT)

作業療法とは、身体または精神に障害のある者、またはそれが予測される者に対し、その主体的な生活の獲得を図るために主に作業活動を用いて、日常生活動作(更衣、排泄、家事動作など生活で行なわれる活動)を行なう上で必要となる機能の改善、応用動作能力の回復を目指すリハビリで、作業療法士が行ないます。
 作業活動とは、日常生活の諸動作や仕事、遊びなど人間に関わるすべての諸活動のことです。

言語聴覚療法(ST)

 言語聴覚療法とは、コミュニケーション能力である「聴く」「話す」「理解」、摂食・嚥下いわゆる「食べる」事に何らかの障害を抱えた方に行うリハビリで、言語聴覚士が行ないます。
 当院では、主に言葉や摂食・嚥下に対する機能回復や能力改善を目指しています。
 話しことば・書きことばの理解や口・舌・頬などの動きが制限され上手に話せない、水や食べ物を上手に飲み込むことが出来ない、「話す」「理解」「食べる・飲む」など、その機能が上手に働かない原因がどこにあるのかを評価し、個々の患者さんに適切な治療プログラムを立案し実施しております。

施設紹介
 photo photo
運動療法室物理療法室
  
 photo photo
水治療法室 検査測定室
  
photo photo
言語聴覚室装具作製室
  
医師紹介
名  前
白倉 賢二
出身大学

群馬大学 1975年

資  格

日本リハビリテーション医学会専門医・理事
日本整形外科学会専門医
日本体育協会公認スポーツドクター
国際関節鏡・膝・スポーツ整形外科医学会評議員
日本関節鏡・膝・スポ-ツ整形外科学会評議員
日本運動器科学会評議員
関東膝を語る会顧問
厚生省第9回義肢補装具研修会
身障者福祉法第15条指定医

所属学会

国際整形外科災害医学会
国際関節鏡・膝・スポーツ整形外科医学会
日本リハビリテーション医学会
国際整形災害外科学会
日本整形外科学会
日本関節鏡・膝・スポ-ツ整形外科学会
日本運動器科学会
関東膝を語る会
北関東医学会
日本臨床スポーツ医学会

専門分野

運動器リハビリテーション
膝関節外科
整形外科一般

ページの先頭へ移動する
群馬県済生会前橋病院