群馬県済生会前橋病院

HOME > 当院の特色 > 診療部門 > 消化器内科

概 要

 消化器内科では消化器疾患(消化管・肝・胆膵)全般の診断と治療を行っており、日本消化器病学会専門医認定施設、日本内視鏡学会専門医指導施設、日本肝臓学会認定施設、群馬県がん治療連携推進病院、地域医療支援病院などの認定を受け、地域の中核施設として診療活動を行っています。

 診療は別紙のとおり各分野の専門医をはじめ10人の医師で分担し、一般外来から専門外来まで毎日対応しています。入院診療に於いては、定期カンファレンスなどを通して情報の共有化と診療レベルの向上を図っており、外科や放射線科との密な連携も診療精度の向上と効率化に大きく貢献しているものと考えています。

診療内容

 平成26年度の入院患者数は1,342名、平均在院日数は9.3日でした。退院後、病状の安定している患者さんは原則として紹介医に外来経過観察をお願いしています。病診連携充実のため、診察予約や検査予約のアレンジを地域連携課で調整し、利便性の向上に努めています。

 

 

 平成27年当科の実施した処置を含む上部内視鏡検査件数は5,143件、下部内視鏡件数は1,289件、膵胆道系は626件でした(図)。またカプセル内視鏡を3件施行しています。

 

図 当院における消化器内視鏡年間実施件数

 

~消化管~

 消化管腫瘍(食道、胃、大腸)に対する内視鏡治療を積極的に行っています。平成15年からは内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を取り入れ、病変を確実に切除出来るようになり成果を挙げています。また従来切除の困難であった大きな病変も一括切除出来るようになり内視鏡治療の適応の幅が拡大しました(ESD:平成27年27例施行)。また、アルゴンプラズマをはじめ各種凝固焼灼療法なども行っており、その他の内科的治療も織り交ぜた集学的な内視鏡治療を目指しています。

 人間ドックや検診で多く発見される大腸ポリープなどに対しては、可能な限り発見時に即座に切除する方針をとっており、日帰りあるいは1泊入院治療などを行っています(大腸内視鏡切除;平成27年218件)。消化管出血に対する内視鏡止血術も積極的に行っており(内視鏡的消化管止血術;平成27年45件)、食道静脈瘤破裂予防に対する食道静脈瘤硬化療法(EIS;平成27年32件)や内視鏡的静脈瘤結紮術(EVL;平成27年11件)などやや特殊な治療も積極的に行っています。

 慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、低悪性度リンパ腫に対するヘリコバクター除菌療法も、尿素呼気試験測定器を使用して感染の有無を即座に判定し、積極的に行っています。

 

~膵・胆道~

 当科開設1993年当初より肝胆膵疾患に対する内視鏡的診断と治療は、メインテーマとして力を注いでいます。総胆管結石に対する切石:内視鏡的乳頭切開術(EST)や、膵癌や胆道癌による閉塞性黄疸に対する内視鏡的胆道ドレナージ(EBD)の症例は極めて豊富です。平成22年より、スタッフの充足もあり平成27年の膵胆道系内視鏡検査治療はさらに増加し、年間626件(図)でした。また、超音波内視鏡下の診断、治療も導入し、平成27年は超音波内視鏡下穿刺吸引生検(EUS-FNA)を年間34件施行しました。ERCP、EUSを用い胆膵疾患及び、上部消化管の粘膜下腫瘍を的確に診断した後、外科とのタイアップにより切除可能な悪性腫瘍は積極的に外科切除を行い、切除不能例に対しては外来を中心とした化学療法を行っています。

 

 

 

~肝 臓~

 肝炎の進行抑止、肝癌の発癌抑制を念頭に、慢性C型肝炎に対してリバビリン併用ペグインターフェロン治療、慢性B型肝炎に対してエンテカビル治療など抗ウイルス治療を積極的に行っています。
 肝癌の診断・治療効果判定には造影超音波エコーを実施し、診断精度の向上に努めています。治療においては、局所療法であるラジオ波焼灼療法(RFA)をはじめ、肝動脈塞栓化学療法(TACE)、さらに進行肝癌に対してはリザーバー動注化学療法を施行するなど積極的な集学的治療に取り組んでいます。中でもRFAに関しては、平成19年6月よりラジオ波治療専用室を整備し、全例にCT画像とエコー画像を対比できるエコー装置(RVSエコーシステム)を用いて施行しています。癌の部位により通常のRFAによる経皮的治療が困難な場合は、人工胸水・腹水併用、さらに当院外科と連携した腹腔鏡下RFAも施行しており、RFA治療数は飛躍的に増加しています(平成21年6月~平成24年6月に400件を施行)。
 他にも、多発性肝嚢胞に対するエタノール注入療法(平成21年9月~平成24年6月に13件を施行)など、各種肝疾患に対して幅広く積極的な治療を行っています。

医師紹介
名  前
樋口 次男
出身大学

群馬大学 1963年

資  格

日本内科学会認定医
日本消化器病学会終身専門医
日本消化器内視鏡学会認定指導医

所属学会

日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本内科学会

専門分野

膵・胆道系

名  前
吉永 輝夫
出身大学

群馬大学 1983年

資  格

日本消化器病学会指導医
日本消化器内視鏡学会指導医
日本内科学会認定医
日本静脈経腸栄養学会認定医
ICD

所属学会

日本内科学会 、日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会、日本膵臓学会
日本静脈経腸栄養学会、日本感染症学会

専門分野

膵・胆道系

名  前
田中 良樹
出身大学

群馬大学 1999年

資  格

日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医

所属学会

日本内科学会、日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会、日本膵臓学会
日本胆道学会、日本静脈経腸栄養学会

専門分野

膵・胆道系

名  前
吉田 佐知子
出身大学

東海大学 1999年

資  格

日本内科学会認定総合内科専門医
日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医

所属学会

日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会

専門分野

膵・胆道系

名  前
大山 達也
出身大学

富山医科薬科大学 1999年

資  格

日本内科学会認定医
日本内科学会総合内科専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会専門医
日本肝臓学会指導医

所属学会

日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本肝臓学会

専門分野

消化器内科
肝臓内科

名  前
加藤 恵理子
出身大学

群馬大学 2009年

資  格

日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医

所属学会

日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会

専門分野

膵・胆道系

名  前
加藤 幹那
出身大学

名古屋市立大学 2010年

資  格

日本内科学会認定医

所属学会

日本内科学会

専門分野

消化器内科

名  前
松井 綾子
出身大学

北里大学 2010年

資  格

日本内科学会認定医

所属学会

日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本胆道学会
日本膵臓学会

専門分野

消化器内科

名  前
斎藤 直人
出身大学

群馬大学 2012年

資  格

 

所属学会

日本内科学会

専門分野

内科
消化器内科
肝臓内科

名  前
岡田 純一
出身大学

鳥取大学 2014年

資  格

 

所属学会

 

専門分野

内分泌・糖尿病内科

名  前
蜂巣 陽子
出身大学

群馬大学 1998年

資  格

日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本医師会認定産業医

所属学会

日本内科学会、日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会

専門分野

大腸

ページの先頭へ移動する
群馬県済生会前橋病院