群馬県済生会前橋病院

HOME > 当院の特色 > 診療部門 > 呼吸器内科

呼吸器内科

はじめに

呼吸器内科は非常勤医師4名が担当しており、外来診療を中心にしております。

診療内容

 気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、間質性肺炎、気管支拡張症などの慢性呼吸器疾患、肺炎肺非定型抗酸菌症などの感染症、肺癌などの外来診療を行っています。外来通院中の慢性呼吸器疾患患者さんを対象とした患者さん向けパンフレットを外来で用意いたしましたのでご活用下さい。

特徴

 気管支喘息、COPDは治療ガイドラインに沿った吸入ステロイド薬、吸入気管支拡張薬を中心とした最新の治療を行っています。肺癌や間質性肺炎の診断は画像診断が中心となりますが、群馬大学医学部附属病院のほか、前橋赤十字病院、独立行政法人国立病院機構渋川医療センター、伊勢崎市民病院などと連携して気管支鏡検査、胸腔鏡下肺生検などによる診断および治療を行っています。COPD、間質性肺炎、陳旧性肺結核、肺癌手術後などによる慢性呼吸不全の患者さんを対象とした在宅酸素療法や在宅人工呼吸器による治療、リハビリテーション科と連携した外来通院による呼吸器リハビリテーションも行っています。

ページの先頭へ移動する
群馬県済生会前橋病院